疲れが取れない原因は睡眠方法と食事にある

ウーマン

悪玉菌の悪影響を防ぐため

白い錠剤

1日に数千億個必要

ヨーグルトやチーズといった乳製品には、乳酸菌が多く含まれています。具体的には、たとえばヨーグルト1人分には、100億個ほど含まれているのです。そして乳酸菌を摂取すると、腸内では悪玉菌による悪影響が防がれやすくなります。腸では、食べた物から便が作られているのですが、悪玉菌の勢いが強くなると、その便が正常な状態ではなくなります。具体的には、硬くなったりドロドロとした状態になったりするのです。悪玉菌の悪影響を防ぐことができれば、便は正常な状態で排出されるようになります。ただしそのためには、1日に数千億個もの乳酸菌を摂取する必要があります。乳製品だけでは足りないので、悪玉菌の勢いが強いという人の場合、サプリメントでも摂取することが大事です。

たんぱく質を分解

なぜ乳製品に乳酸菌が多く含まれているのかというと、乳製品が牛乳などに含まれているたんぱく質を分解することで作られているからです。そして乳酸菌には、たんぱく質を分解する力があるのです。乳酸菌は、食事によって体内に入ってきたたんぱく質も分解します。たんぱく質は、うまく分解されなければ悪玉菌によって腐っていくのですが、それが便の異常の原因となっています。そのため乳酸菌によってたんぱく質の分解を促すことで、悪玉菌の悪影響が防がれやすくなるわけです。サプリメントにはこの乳酸菌が、乳製品以上に含まれています。サプリメントにもよりますが、中には1兆を超える乳酸菌が含まれているものもあります。1日に1粒飲むだけでも便の状態が良くなっていくので、多くの人が乳酸菌のサプリメントを利用しています。